Twitter
Twitterはこちら
Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
ツイッターを追跡
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2018.10.28 Sunday
生きているんだなぁ

最近『ガイアの夜明け』を仕事で引き受けました。

〜美しき下着戦争〜というタイトルで、10月9日放送でした。

その中の5ブランドの内2ブランドのVTRを担当しました。

放送後にお伝えするのが心苦しいのですが、

残しておきたいと思う感情が沸いてきて。

 

実は、結構テレビの旅番組とか特番とか、

今まで100本くらいディレクターや手伝いで関わっているのですが、

元々は映画の宣伝目的ではじめたブログやTwitterだったので、

SNSでは宣伝していませんでした。

 

テレビをやることに対する自分の中の違和感があったのも否めません。

 

例えば『アヒルの子』は20歳の時の表現衝動で完成した作品でした。

テレビの仕事は、23歳の頃からフリーで給料1日5千円もらう仕事からはじまり、

震災を機に月給で仕事をもらうようになり、現在は制作会社に所属しながら、

テレビ局や番組という枠の決まったものを企画から考えることもありますが、

本当に小さな手伝い仕事までを、会社員として仕事をいただいています。

 

気づけば、映画に関わる時間より、テレビを作る時間のほうが多く、

毎日寝る前に映画を1本観ることは変わらず続けていますが、

自分が作ったものは、テレビの方法論に準じていることは避けられません。

どちらかというと、テレビは映像の強度よりも、情報や視聴率を重視します。

わたしは自由にやれるような作家としての力がないからか、

プロデューサーや局の意向を聞くことが多いです。

食うために続けていますが、本当に作りたいものを作れたかどうかわかりません。

多くは共同作業で、正解がないから。

 

本当に作りたいものって、いつになったら作れるんだろう。

と思いながら、今日も自主映画の作品のことを考えたり、

お金が貯まれば、少しでも作りたいものや関わりたいものに投資する毎日です。

 

ガイアの夜明けで撮影させていただいた栗原菜緒さんが、

わたしと同い歳で、誕生日も近かったのですが、

自分で会社を起こして、デザインから全てほとんどひとりで担っていて、

とても刺激を受けました。

弱音を吐くな。自分の選択を信じて。これからも邁進したいと思います。

| 小野さやか | 映画の宣伝配給 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://sayaka-ono.jugem.jp/trackback/864